FX 比較、スリッページの重要性を知る

FX 比較、スリッページの重要性を知る

FX 比較、スリッページの重要性を知る FX 比較をするうえで、スリッページをどこまで受け入れるかは大切です。スリッページとは、FXの注文を出したときに、指定した為替レートが実際に約定、つまり取引が成立したときのレートと差が発生することを指します。注文と約定の間に時間差があるため、どうしてもこうした差が出てしまうのです。スリッページは、為替レートが比較的安定しているときであればあまり問題になりませんが、値動きが荒いときには注意が必要です。

FXを扱う会社の注文ページには、スリッページを設定する欄がありますが、ここを0.2pipsと設定すると、0.2銭までの差を許容するという意味になります。取引をどうしても成立させたい場合は、スリッページの幅を大きくして発注し、自分の指定した値段で取引したい場合はスリッページを小さくしたり、あるいはゼロにしたりして発注します。

経済が安定している場合は急激な為替変動がないので、スリッページはそれほど大きくなりません。しかし、リーマンショックやトルコリラ急落のような異常な出来事が起きると、狭いスリッページでは取引が成立しないことが予想されます。大至急で約定したい場合は、広めのスリッページで注文を出すことが必須です。FX 比較をするなら、スリッページにも目を向けてみましょう。

トピックス