貸切バスには様々な車種がある

貸切バスは、非常に便利なサービスです。バス1台をまるごと借りる事ができる貸切バスのサービスですが、「バス」と一言で言っても様々な車種があります。利用する側としては、利用人数や利用用途、そのプランに合わせてバスの車種を選びたいところです。

どのようなバスを何台所持しているのかは各バス会社により異なりますが、貸切バスを利用する際には各車種について知っておきましょう。以下で、「ミニバス」「小型バス」「中型バス」「大型バス」について説明していきます。

ミニバスは別名、「ジャンボタクシー」「コミューター」とも言います。貸切バスの中では最も小さな車両です。定員は大体が13名までとなっており、タクシーでは乗り切れず、かと言ってマイクロバスでは大きすぎるという場合に非常に便利です。

日帰り旅行や短距離の送迎で、リーズナブルに利用する事が可能です。またバス会社によっては、車いすでの利用が可能な福祉車両を所持している場合もあります。そのような福祉車両を利用したい場合には、事前にバス会社に問い合わせましょう。

小型バスは貸切バスの中でも小さなバスです。全長が7mで車幅は2m、定員は11名~25名で、正席が20席あります。ただこの小型バスについては、年々所持するバス会社が減ってきています。何故かと言うと、実はバスメーカーが小型バスの生産を打ち切ってしまっているのです。

小型バスを利用したい場合には、事前にバス会社に問い合わせましょう。多くのバス会社は小型バスの代わりに同じ用途で使える「マイクロバス」を所持していますから、使えるならばそちらを利用しましょう。

中型バスはその名の通り、貸切バスの中でも中間のサイズです。全長が9mで、車幅は2.5m、定員は20名~25名です。補助席を利用すればもっと利用人数が増やせる中型バスですが、多くのバス会社は中型バスに補助席を付けていません。

補助席を利用したい場合には、事前にバス会社に相談しましょう。ただ、もし補助席を付けて定員が30名を超えた場合、高速道路において特大料金が適用される事になります。その分だけバスの利用料金も上がりますから、中型バスの利用は27名程度までで考えましょう。

貸切バスの中で最も大きなバスが「大型バス」そして「大型ロング」になります。大型バスの場合、全長が10mで車幅は2.5mです。座席は正席が45席、補助席が8~10席で、最大55名の利用が可能です。これが大型ロングになると、全長が11.5mまで伸び、座席も正席49席、補助席11席と増えます。大型ロングであれば、最大60名の利用が可能です。大型バスは車内空間もトランクルームもとても広いため、荷物の多い旅行や大人数での長距離移動でも安心です。ただ、最大人数程度の利用だと車内を窮屈に感じるかも知れません。