貸切バスの利用マナー紹介

貸切バスは、非常に便利なサービスです。車内には身内しかいませんから、公共交通機関を利用する時のように余計な気を遣う必要もありません。しかし、利用時にはマナーをきちんと守りましょう。例えば車内では、ついつい気が緩んでお酒が進んでしまうかも知れません。

しかしバスにはトイレなどありませんし、誰かがトイレに行きたくなったタイミングですぐに休憩できる場所があるとも限りません。貸切バスの車内はとても自由で快適ですが、お酒の飲み過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

貸切バスを利用すると、幹事はとても助かります。なぜならバスは大人数を同時に目的地まで、確実に移動させてくれるからです。誰かがはぐれる心配も無いので、幹事は日程の進行に集中できます。

しかし参加者の中に遅刻する人がいると、バスは予定通りに出発するわけにはいきません。たった1人の遅刻者がいるだけで、その後のスケジュールは大きく狂ってしまいます。皆の迷惑になりますから、貸切バスの利用時には遅刻は厳禁です。必ずスケジュール通りに行動しましょう。

貸切バスはあくまでバスを「借りる」サービスです。くれぐれも「買う」わけではない事に注意しましょう。どういう事かと言えば、各バスには常に「次の利用者」がいます。また、バスは原則「バス会社のもの」です。そんなバスの車内を、利用者が汚すわけにはいきません。不可抗力で汚す場合には仕方ありませんが、それでも原則「立つ鳥跡を濁さず」です。バスの車内は綺麗なままで利用しましょう。自分勝手に車内を汚すのはNGです。

貸切バスの車内には、身内しかいません。公共交通機関を利用する時のように余計な気を遣う必要がありませんから、利用者はついつい気が緩んでしまいます。大声で喋ったり、笑ったりする事もあるでしょう。しかし忘れてはならないのが、運転手の存在です。運転手が運転に集中できないと、バスの安全運転が損なわれる恐れがあります。「バスの車内には運転手もいる」という事は常に意識しましょう。運転手へ話しかける行為などは、絶対にNGです。

貸切バスは、非常に便利なサービスです。車内には身内しかいませんから、公共交通機関を利用する時のように余計な気を遣う必要もありません。しかし、利用時にはマナーをきちんと守りましょう。「マナーを守る」という事はすなわち「とにかく周りに迷惑をかけないこと」です。これに尽きます。

利用者が皆その気持ちを持っていれば、自然とマナーは守られるでしょう。貸切バスを利用すれば、旅行などの移動時間も自由に快適に過ごす事ができます。しかしその「自由で快適な時間」が守られるかどうかは、利用者がマナーを守るかどうかにかかっているのです。